読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特発性間質性肺炎の介護回顧録

特発性間質性肺炎という難病の母を、子育てとのダブルケアで介護した記録です。

脈の乱れ

2014年11月12日、 いつもの呼吸器科の日。 心電図の波形が 少し乱れていると言われ、 2週間後に循環器科を受診するよう 言われた。との連絡。 今週は呼吸苦しいし、 心臓もドキドキしていたから まずいかなと思っていたんだけど。 と、言っていました。 こ…

2014年秋頃のこと

母からは、 相変わらず肺の穴は塞がらず、 苦しさが抜けない。 というメールが来る日々でした。 そんな中でも、 特に年末に向けて忙しさを増す仕事に 就いていた母は、 自分の体をだましだまし 勤務を続けているような状態でした。 わたし自身、 子供会の役…

穴は塞がらず…

2014年6月に入り、定期診察。 気胸の診断から約2ヶ月後の レントゲンの結果、 穴は少しだけ小さくなってはいるものの 塞がってはいない様子です。 炎症は起きていないようので そのまま経過観察となりましたが、 これ以上ひどくなってしまう場合は 胸腔ドレ…

両肺に気胸が見つかる

平成25年(2014年)、4月16日。定期的な通院から戻った母から、 電話連絡がありました。両肺の気胸が判明したので しばらく会社を休むように言われたと。 自宅で1週間は安静にして 穴が自然に塞がるのを 様子見するのだというのです。「今までとは少し違う感…

このブログについて~はじめにお読みください~

このブログは、 2014年から2015年を中心とした 特発性間質性肺炎の母に まつわる記録です。母と歩んだ歴史を形として残そうと 思い立って書き出したのが、 2017年1月。 実際の日々からは 少し時間が経ってしまいました…回顧録という性質上、 カレンダーを過…

2014ゴールデンウィーク

母の様子も気になったので GWは一家で静岡の実家に 帰省しました。 骨折の息子を 長距離移動に巻き込むのは 悩みましたが、 わたしだけで行くのも、それはそれで いつも面倒を見る者が留守なわけで、 主人に苦労をかけてしまうので 家族みんなで出向くことに…

気胸という病気

気胸とは、肺に穴が空くことで 空気が漏れ出て、その空気が 肺腔と呼ばれる肺の中にたまってしまう 状態のことを言います。肺は硬い肋骨の中に守られているため 肺から出た空気は外に出られず、 その空気が肺を圧迫してしまうのです。明らかな原因がなく発生…

息子の骨折その2

骨折の翌日、 近所の整形外科を受診しました。当日の処置が適切だったようで、 ギプスの固定位置もよく 巻き直しが必要ないとのこと。手術等せず、 そのまま自然にくっつくのを 待つことになりました。 腕に力がなく、 松葉杖を使うことができないので 自力…

息子の骨折その1

平成25年4月20日息子が右足の頸骨と腓骨を 骨折してしまいました。 膝の下の骨2本です。滑り台のふちに脚が引っ掛かり、 そのまま後ろから滑ってきた お友達の力が加わった状態で バキッとやってしまいました。 日曜日だったため、家から少し離れた 休日診療…

間質性肺炎という病気

一般的な話としての 間質性肺炎という病気について 簡単に書いてみたいと思います。 一般的ないわゆる「肺炎」が 肺胞の炎症によって起こるのに対し、 「間質性肺炎」は、肺胞や気管支をとりまく まわりの組織が炎症などを起こし 硬くなり、機能が低下します…

非結核性肺抗酸菌症のこと

「非結核性抗酸菌症」特発性間質性肺炎が判明する前に 母についていた病名です。 非結核性抗酸菌症とは、 結核菌以外の、 水中や土壌など どこにでもいるような菌に 感染してしまうことで、 肺に支障をきたす病気です。マック菌という菌への 感染であること…

間質性肺炎が判明する前は

母は、平成26年に 特発性間質性肺炎の 病名を宣告される以前から、 定期的に呼吸器科を受診していました。平成18年に一度体調を崩し、入院。 そのときは肺炎ということでの入院でした。 退院後は、1ヶ月おき程度の通院。 症状が治まっていた時期は 3ヶ月に1…