読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特発性間質性肺炎の介護回顧録

特発性間質性肺炎という難病の母を、子育てとのダブルケアで介護した記録です。

間質性肺炎が判明する前は

母のこと

母は、平成26年に
特発性間質性肺炎
病名を宣告される以前から、
定期的に呼吸器科を受診していました。

平成18年に一度体調を崩し、入院。
そのときは肺炎ということでの入院でした。
退院後は、1ヶ月おき程度の通院。
症状が治まっていた時期は
3ヶ月に1回程度の受診だったことも
あったようです。


様々な検査の結果、
「非結核性抗酸菌症」という病名がつきました。
MAC症(肺マック症)とも呼ばれているものです。


しかし、
「痰の検査も結核の検査も
いろいろやったんだけどね、
原因菌が分からなかったのよ。」
と母は当時話していました。


平成25年夏に肺炎、
26年春に両肺の気胸
その後症状が急に進行し、のちに
特発性間質性肺炎であることが
判明することとなりますが、
そこに至るまで、実に8年。


緩やかな進行だったのは
幸いなことでしたが、
そのせいで正しい病名が
隠れてしまっていたのかな、とも思い
やるせなさを感じます。