読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特発性間質性肺炎の介護回顧録

特発性間質性肺炎という難病の母を、子育てとのダブルケアで介護した記録です。

非結核性肺抗酸菌症のこと

「非結核性抗酸菌症」

特発性間質性肺炎が判明する前に
母についていた病名です。


結核性抗酸菌症とは、
結核菌以外の、
水中や土壌など
どこにでもいるような菌に
感染してしまうことで、
肺に支障をきたす病気です。

マック菌という菌への
感染であることが多いため、
MAC症(肺マック症)とも
呼ばれるそうです。


結核と違い、
かかってしまっても
周囲の人には移りません。

咳や息苦しさの症状があるものの、
比較的進行は緩やかで
治ることもあるとのこと。


「どういうわけか、中年以降の、
やせ形の女性がこの菌に好かれやすくてね~」
と、主治医の先生は話しておりました。

ちなみに、母は条件ど真ん中でした…


ただ、あとから思い返せば
やはり心に引っかかるのが、
その当時、様々な検査をしたのに
原因菌が判明しなかったという点。

「原因菌が何か、
はっきりは分からなかったのよ。
菌がこれだ、と断定はできないけれど
結核性抗酸菌症だろう…って。」

母が話していたこの病名は
10年前はまだあまり知られておらず
わたしにとっても初めて聞く名前でした。

へぇ~~そういうのもあるのか。
漢字が並んだ難しい名前だな。
くらいの認識で、
当時は聞いていた記憶があります。


先にも書いた通り、
比較的症状が軽微なときもあり
抗生剤と咳止め、
定期的なレントゲンと血液検査で
母はかなりの期間を、
問題なく過ごすことになります。


おそらくこの当時から
間質性肺炎だったのだろう。と、
後に医師から宣告されることになります。