読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特発性間質性肺炎の介護回顧録

特発性間質性肺炎という難病の母を、子育てとのダブルケアで介護した記録です。

間質性肺炎という病気

一般的な話としての

間質性肺炎という病気について

簡単に書いてみたいと思います。

 

一般的ないわゆる「肺炎」が

肺胞の炎症によって起こるのに対し、

間質性肺炎」は、肺胞や気管支をとりまく

まわりの組織が炎症などを起こし

硬くなり、機能が低下します。

 

酸素と二酸化炭素の交換が

うまくできなくなってしまうので、

乾いた咳、息苦しさがあります。

 

病状が進むと、呼吸困難で

日常の動作が難しくなったり

心臓に負担がかかることで

高血圧が引き起こされたりします。

 

間質性肺炎になってしまう原因は

薬剤や、肺に悪い粉塵、

インフルエンザなど

いろいろあるのですが、

原因がはっきり判明しないものを

特発性間質性肺炎といいます。

 

特発性間質性肺炎は、

国の難病に指定されています。