読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特発性間質性肺炎の介護回顧録

特発性間質性肺炎という難病の母を、子育てとのダブルケアで介護した記録です。

両肺に気胸が見つかる

平成25年(2014年)、4月16日。

定期的な通院から戻った母から、
電話連絡がありました。

両肺の気胸が判明したので
しばらく会社を休むように言われたと。
自宅で1週間は安静にして
穴が自然に塞がるのを
様子見するのだというのです。

「今までとは少し違う感じの
苦しさがあったんだよ。」


当時、母は静岡県でひとり暮らし。
パートで働いておりました。
わたしが2才のときに両親が離婚しており
わたしが進学、結婚により家を出てからは
(卒業後、就職で三年間ほどは
実家に戻った時期がありますが)
彼女はずっと一人で生活していました。

わたしは埼玉県在住、パート勤務。
上の子が小学2年生、
下の子が幼稚園の年少。


新学期が始まったばかりで
すぐに駆けつけることは難しく、
無理せずゆっくり休んでね。
ゴールデンウィークには帰るから。

というのが精一杯でした。