読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特発性間質性肺炎の介護回顧録

特発性間質性肺炎という難病の母を、子育てとのダブルケアで介護した記録です。

穴は塞がらず…

2014年6月に入り、定期診察。

気胸の診断から約2ヶ月後の

レントゲンの結果、

穴は少しだけ小さくなってはいるものの

塞がってはいない様子です。

 

炎症は起きていないようので

そのまま経過観察となりましたが、

これ以上ひどくなってしまう場合は

胸腔ドレーンを行うと

言われたそうです。