読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特発性間質性肺炎の介護回顧録

特発性間質性肺炎という難病の母を、子育てとのダブルケアで介護した記録です。

気胸という病気

気胸とは、肺に穴が空くことで
空気が漏れ出て、その空気が
肺腔と呼ばれる肺の中にたまってしまう
状態のことを言います。

肺は硬い肋骨の中に守られているため
肺から出た空気は外に出られず、
その空気が肺を圧迫してしまうのです。

明らかな原因がなく発生することもあり、
小さな穴であれば自然に治癒します。

気胸により胸の痛みや咳、
呼吸困難などが起きますが
目立った症状がなく
レントゲンで判明することもあります。

自然に穴がふさがらず
空気が漏れ続けているときや、
片側だけでなく両肺に発症したときは
注意が必要です。